ロサンゼルスの珍スポット「ワッツタワー」

1人の男が34年かけて作ったワッツタワー

ロサンゼルスの建築、ロサンゼルスの珍スポットとしてよく挙げられるワッツタワー。
ちょっとサルベーションマウンテンを連想させるスポットです。

ワッツタワー

セメントやタイルの職人だったサイモン・ロディア(Simon Rodia、1879年生まれ)さんは、
「何かしたい、何か大きなことをしたいという想いがあった」そうで、42歳から34年かけて単独で、仕事の合間をぬって作り上げました。
 
この3つの高い塔からなる建造物は、塔や麓の建造物表面にガラスや陶器、貝殻、タイル、など様々な素材が埋め込まれていて、離れたところから見るとキラキラ、近くで見るとあまりの緻密な作りに気が遠くなる程。

 ワッツタワーの麓

1954年(75歳)に完成させた後は、姉(妹)が暮らしていたカリフォルニア州マルチネスに移り、1965年に心臓麻痺で亡くなるまで2度とワッツタワーを見ることはなかったそう。
 
完成後、ワッツタワーは近隣の住民に売られたり、さらに転売された後、現在はカリフォルニア州の重要文化財として保護、管理されています。

ワッツタワーの行き方

まず、あまり治安の良いエリアではないので、車で・複数人で・昼間に行くことをおすすめします。
 

ガイド

金:11:00am-3:00pm
土:10:30am-3:00pm
日:12:30pm-3:00pm

一般:$7.00
シニア:$3.00
13−17歳:$3.00
12歳以下:無料
※15人以上のグループの場合は事前に電話で知らせること

周りに説明パネルが7枚掲示されているので、セルフガイドの場合はそちらも参考に。
 

Watts Towers Arts Center Campus

ワッツタワー周辺
住所:1727 East 107th St., Los Angeles, CA 90002
公式サイト:https://www.wattstowers.org/
駐車:周辺に路駐可能(無料)

About the author

MAY

1999年より東京で、主にWebプロデュースに従事しつつ、オンラインショップの立ち上げ・運営などファッション系のプロジェクトにも参画。2011年より、長年の夢であった海外生活をすべくロサンゼルスに移住。
現在は現地のWebビジネス運営に関わりつつ、他媒体への執筆やアパレル買い付けのアテンドなども行う。

西海岸っ子たちの、自然体のユルさ、健康的な美しさ、自然(Nature)と遊び上手なところ、街や自然への愛情、、、は見ていて本当に羨ましくなります。"有機"ではなく本来の意味での"オーガニック"ライフだなぁと思います。『West Coaster』を通してそんな彼らの生活を紹介し、読者のみなさんに少しでもオーガニックな生活を楽しんでいただけたら嬉しいです。

趣味:街散策、キャンプ、国立公園巡り、LA/CAメイドのブランドを発掘すること