ブルワリー・アート・ウォーク(Brewery Art Walk)

Brewery Art Walk(ブルワリー・アート・ウォーク)に行ってきました。

「Brewery Art Walk(ブルワリー・アート・ウォーク)」に行ってきました。毎年春と秋の2回、ダウンタウンLAで開催されるアートの展示会なんですが、会場がかつてブルワリーだった建物を集合住宅に改造した場所(アーティストのみが住むことを許される)と、とってもユニーク。というか、かなりかっこいい。ここに住むアーティストたちの作品展示・販売が行われる&生活の様子も見学できちゃうイベントが、この「Brewery Art Walk」なのです。

敷地内に入ると、こんな感じッス。インダストリアルな雰囲気ムンムン。てくてく。

アート鑑賞が楽しいのはもちろんなのですが、単純に建物&住環境およびそこに住んでいる人々の様子がかなり面白くて、それを見るだけでも行く価値アリなこのイベント。簡単ではありますが、現地の様子をレポートします!

建物の中に入ると、飾り気のない通路。この武骨な感じが逆にたまりません。

こんな感じのスーパーオシャレな部屋が勢揃いです。右側の奥はキッチンになってます。

こんな部屋とかも。アーティストが思い思いに部屋をカスタムしてるから、その出来栄えもハンパないです。

こんな部屋も。それぞれの部屋は住人であるアーティストの個性でムンムンです。

共用ランドリー。本当にここで皆が生活してるんだなぁというのが分かります。

いったん外に出ると、ドアの前に植物が並ぶところが。これも中に人が住んでいるんだろうなぁ。いろんなタイプの部屋があるのがうかがえます。

旧車などかっこいい車もたくさん停まっています。LAには珍しくベスパも見かけました。

なんと敷地内にはボルダリング施設も。「The Stronghold Climbing Gym」という施設で、居住者以外も普通に利用できる模様。丸一日の利用で20ドル。

建物内にふたたび入ってみる。少し開けた、住人同士の触れ合いスペースみたいなところです。日本の団地でもこんな感じのところありますね。1階と2階に分かれている立体感が好き。

こんな感じの細い通路(その両脇にも部屋があったりします。けっこう迷路)をすり抜けながら、階段を上に上がっていくと…。

最上階に到着。そこには建物と建物をつなぐ橋が!スゲー!

興奮してウロチョロしてたら、いつの間にか夕暮れ時に。いや〜楽しかった。ていうか、住みたい…。

以上、「Brewery Art Walk」レポートでした。LA観光はこれにタイミングを合わせてもいいのでは?と思うくらい、個人的には好きです。アート好きはもちろん、建築、インテリア好きも絶対に楽しめると思います。敷地内にはレストラン、ビアガーデンなどもあるので、ここで半日ガッツリ楽しめちゃいます。ぜひ出かけてみてください〜♪
 
◎ Brewery Art Walk
・住所:ダウンタウンLA、2100 N. Main St., Los Angeles, CA 90031
・開催:毎年春(4月頃)と秋(10月頃)
・料金:無料
・Webサイト: http://breweryartwalk.com

Tags

About the author

Totti

LA在住歴4年、フリーランスの編集者&ライター。四十路日本男児。日本では書籍や雑誌、Webメディアの編集および執筆、広告制作などに従事。
元夜遊び大好き酒大好き全てのジャンクフード大好きの、超不健康児。しかし、LAに移住してから西海岸独自のオーガニック&ベジタリアン&地産地消な健康食カルチャーに目覚め、大好きだったタバコもやめ、毎日コールドプレスジュースやスムージーを作って飲むようになるなど、自分でもビックリするくらい生活スタイルが変わりました。
『West Coaster』では主観もガンガンに入れつつ、皆さんにとって新鮮で人生のちょっとしたスパイスになるような西海岸の情報をお届けできればと思っています。ぜひ楽しんでください。