西海岸をリアルに感じるこの1曲!⑤「Heartbeats」 by Jose Gonzalez

こんにちは。Tottiです。

西海岸っぽい&『West Coaster』っぽい音というと、
どうもフォーキーな音になりがちなんですが、
すみません、今回もフォーキー&アコースティックなやつで。
いや、すみませんなんて言ったら怒られるな…。
ま、違うジャンルの曲もいろいろ紹介していきますんで…!

今回は、スウェーデンのヨーテボリ出身のシンガー、
Jose Gonzalezの「Heartbeats」です。
哀愁ただようロートーンボイスがたまりません。渋いです。
日本人的には、ちょっと平井堅似の彼。
というか、この人はアルゼンチン人の血を引いているからいいのですが、
平井堅、よく日本人の血だけであの顔になったな…と
ちょっと感心してしまいますね。ま、どうでもいいんですが。

いや〜いいわ。いい。良すぎ。
こういう音聴いてると、日々つまらないことで
イライラしてるのがほんとアホらしくなります。
ユルく優しくいきましょうよって感じで。

この歌、実は彼のオリジナルではなくて
同じくスウェーデンのエレクトロニック・デュオ、
The Knifeの楽曲をカバーしたもの。
アレンジが全く違いますが、オリジナルもいいです。
PVがかわいいし。

Jose Gonzalezは最近ではベン・スティラー主演の映画
『The Secret Life of Walter Mitty』(邦題『LIFE!』)
楽曲を提供していたのが記憶に新しいです。
あれ、いい映画でしたよね。

昨年には8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』
リリースしていますので、こちらもぜひ聴いてみてください!


▼ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします!  にほんブログ村 海外生活ブログへ 

About the author

Totti

LA在住歴4年、フリーランスの編集者&ライター。四十路日本男児。日本では書籍や雑誌、Webメディアの編集および執筆、広告制作などに従事。
元夜遊び大好き酒大好き全てのジャンクフード大好きの、超不健康児。しかし、LAに移住してから西海岸独自のオーガニック&ベジタリアン&地産地消な健康食カルチャーに目覚め、大好きだったタバコもやめ、毎日コールドプレスジュースやスムージーを作って飲むようになるなど、自分でもビックリするくらい生活スタイルが変わりました。
『West Coaster』では主観もガンガンに入れつつ、皆さんにとって新鮮で人生のちょっとしたスパイスになるような西海岸の情報をお届けできればと思っています。ぜひ楽しんでください。