お役立ちコラム お酒とコーヒー

TottiのLAオシャレ&ヘルシー日記②
「Stumptown Coffee Roasters」
でコーシータイム

02/22/2016

こんにちは。

「マッチョ男子は出かける前に
腕立て伏せをしまくって
筋肉をパンプアップさせてから
夜遊びに繰り出すのが常識」という
マッチョな同僚の話を鵜呑みにして
最近実行している、ガリガリ男子のtottieです。
(パンプアップさせてもガリガリ)

先週末、息子クンとLAのダウンタウンにある
Stumptown Coffee Roastersに行ってきました。
言わずと知れた、ポートランドからやってきた
サードウェーブコーヒー文化の火付け役です。
いろいろある中から一番ベーシックな「Coffee」
(値段メモり忘れましたが$2.5くらい)を注文。

stumptown_interior

自分で入れるならフレンチプレスで入れた方が
パンチとコクが出て好みなんですが、
外で飲むコーヒーは、こういうプロの入れた
澄んだ酸味の強いコーヒーがうまいなぁ(個人的感覚)。

いや〜、にしてもダウンタウンLAの
オシャレなコーヒー屋でオシャレにコーヒーを飲んで
オシャレに午後のひとときを過ごす。
俺ってまじオシャレ過ぎ♡(発言がダサい)
と悦に入りながらふと横を見ると…

「ゲッ!!」!!

む、息子クンが、一緒に食べていたシナモンロールを
グチャグチャに手でこねくり回した挙句、
最近買ってあげたばかりのPコートで
フキフキしてるじゃあーりませんか!
ドロップキックしたい衝動を抑え、
トイレに連れて行って優しくフキフキ。

これで一気に疲れ果ててしまい、
とっとと店を出て帰宅することに。
車に乗る前にお店の外観を撮影。

ダウンタウンLAのおしゃれエリア「Arts District」の一角にあるお店

ダウンタウンLAのおしゃれエリア「Arts District」の一角にあるお店

ま、外観は特に特筆すべきこともないかな…
とか考えながら、ふと横を見ると、
またしても

「ゲゲッ!!」!!

今度は、むむむ…息子くんが、
僕が撮影している間地面に置いていた
スタンプタウン様のお持ち帰りコーヒーを
蹴っ飛ばして倒しているではあーーりませんか!!
(目から炎&握りしめた拳から血を流しながら)グッとこらえ、
その場でガミガミ1分ほどしつこく説教。
(3歳児相手に大人気ない40前の男。一部始終を見ていた
上品な中年女性にニコッと笑いかけられ、少し怒りが収まる)

それにしても、この説教の終着点はどこに…
と思っていたところで、息子が上目遣いで一言。
「Sorry daddy, I spilt your coffee..」。
これで「も〜キャワイイんだから〜ん♡コイツぅ!」と
一瞬で許してしまった、単純な僕でした。チャンチャン!

この日の帰りの車の中で聴いたのは、
Blurの『Coffee and TV』
90年代末〜2000年代初頭のブリティッシュロックに
ハマった人にとっては「コーヒー」といえば
この曲しかないでしょう。PVかわい過ぎ。
今聴いてもいいなぁ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Totti

LA在住歴4年、フリーランスの編集者&ライター。四十路日本男児。日本では書籍や雑誌、Webメディアの編集および執筆、広告制作などに従事。
元夜遊び大好き酒大好き全てのジャンクフード大好きの、超不健康児。しかし、LAに移住してから西海岸独自のオーガニック&ベジタリアン&地産地消な健康食カルチャーに目覚め、大好きだったタバコもやめ、毎日コールドプレスジュースやスムージーを作って飲むようになるなど、自分でもビックリするくらい生活スタイルが変わりました。
『West Coaster』では主観もガンガンに入れつつ、皆さんにとって新鮮で人生のちょっとしたスパイスになるような西海岸の情報をお届けできればと思っています。ぜひ楽しんでください。

-お役立ちコラム, お酒とコーヒー