ナチュラルな製品を使うときには、アレルギーに要注意!

こんにちは。MAYです。
 
みなさんは自分が何のアレルギーを持っているか調べたことはありますか?
 
私は渡米前に日本の皮膚科で血液検査をしてもらい、「ハウスダスト」と「ブタクサ」に高レベルのアレルギーが、「スギ」「ヒノキ」「ダニ」に中レベルのアレルギーがあることが分かりました。(幸運にも、スギ花粉のバケツが一杯になる前に渡米してしまったので、いまだに快適な春を送っています)
 
渡米して1年ちょっと経ったある年の夏頃から、肌に湿疹ができ始めました。最初は下腹部や腰に、次に上腹部に。かゆくて堪らず掻きまくり、そしてさらに拡がっていくという悪循環。
 
皮膚科に行くと、「その頃にシャンプーや洗剤、化粧品は変えてない?衣類は?食べ物は?」と聞かれるも思い当たるモノなし。。。処方された飲み薬も塗り薬も全く効き目なく、今度は免疫の専門医を受診することに。そこでも同じような質問をされつつ、自分で覚えている限りのアレルゲンを伝えつつ、改めてアレルギー検査をすることになりました。

アレルギーテスト

こんな感じで両腕でアレルギーテストをします

日本で受けた検査は、採血した血液をラボで検査する方式。アレルゲン対象も前述したような一般的なアレルゲン項目でした。
 
今回は、血液ではなく”自分の肌”を使っての検査。まず背中に20種類のアレルゲン候補のエキスが付着した針を刺され、しばし待つ。すると、肌がアレルギーを持っているエキスに反応し、赤く腫れ上がり始めます。
 
背中でのテスト結果を基に、疑わしいと思われるアレルゲンに加えてそれに類似したアレルゲンの計20種類を選び、今度は腕にそれらのエキスを注射器で注入していきます。1種類ずつ、チュー、チューと左右10カ所ずつに注入されるのを見ていると、もうそれだけで痒いような気がしてきます(笑)。しばらくするとそれらのうちいくつかが赤く腫れ上がってきました。
 
「強いアレルギー反応があるのは、ハウスダスト、ブタクサ、あとユーカリね。強くはないけど、ダニと馬、ゴキブリにも反応が出てるわね。」とドクター。
 

え?ゴキブリにアレルギー? いやそれよりも、ゴキブリのエキスを腕に注入したってこと!?エキスって何???ひぃ〜〜〜、
 
と心中穏やかでない私に構わずドクターは「ハウスダウトとダニが怪しいわね。寝具とか洋服を全部、お湯で洗い直しなさい」と。
 
しかし私は「あっ、ユーカリだ」と直感したのでした。

ユーカリの木

日本ではあんまり見かけないですが、こちらではそこら辺に生えてます

アメリカの西海岸に住んでいると、ナチュラルな製品を目にする機会が増えます。
 
あるとき私は、洗濯洗剤を化学系のものからナチュラル系のものに切り替えたのですが、そのパッケージにデカデカと「Eucalyptus(ユーカリ)」の文字!さらに思い起こせば、たまに使っていたバスソルトにも「Eucalyptus」って書いてあった!
 
そりゃ痒いよなぁ。直接肌に触れまくりだし、洋服なんてそのまま擦れるわけだし。湿疹が出始めた時には既に別の洗剤を使っていたので、すっかり犯人探しから外していたのですが、洗濯物には付着したままだったのねぇ。
 
さて、「ユーカリといえばコアラ」な訳ですが(「ユーカリアレルギーだ」と周りに言うと、「よかったなぁMAYちゃん、コアラじゃなくって」と言われがち)、コアラのように食べて栄養源にするわけでなくとも、ユーカリにはさまざまな効能があります。
 
殺菌作用や抗菌作用目的で洗剤に使われたり、アロマオイルとしても一般的で、花粉症の抑制やニキビ、虫刺されなどに使われます。日本でオイルマッサージを受ける際、「ちょっと鼻がむずむずするから、じゃあユーカリでお願いします」とか気軽に言ってたけど、今考えると私の場合は逆効果。何事も、知らないって恐ろしいですね。
 
アレルゲンが分かってしまえば、あとはそれらを遠ざければいい。ということで、寝具や衣類は全てお湯で洗い直し(結果としてドクターの指示通りになった)、洗濯洗剤はケミカル系だけど「Scent Free & Dye Free(香料・染料が入っていない)」を選ぶようになりました。
 
ナチュラルなら体にもいい!ってわけじゃないんだな、と痛感。考えてみれば、アレルゲンて化学的なものより、自然界に存在しているもの、つまり植物や動物、食物、金属に多い。だから、自然由来の製品を選ぶときほど気をつけるべきなんです。
 

ユーカリアレルギーは地味に大変

あれからかれこれ8年ほど経ちますが、数年に1度、油断してユーカリアレルギーが出ます。
結構いろいろなものに使われているけど、アレルギー症状が致命的ではないので成分表に書かれない場合もあるから。
 
アレルギー持ちにしてみると結構痒いし、原因は追求しづらいし、で結構ストレスなんですけどね。
 
何に含まれているかによって湿疹の出方が異なります。
「いつから?」「どこに?」の組み合わせから犯人を突き止めていきます。
 
例えば
触ったり描いた箇所湿疹ができて痒くなる場合:手についている → ハンドクリーム?ハンドソープ?食器洗剤?
身体のあちこちが痒く、特に肌が弱く、衣類が擦れる場所が痒くなる場合:洗濯洗剤?
肛門付近が痒くなる場合:口から入っている → 食べ物?食器洗剤?マウスウォッシュ?
 
なお、顔や手は皮膚が丈夫なためアレルギー反応が出づらいようです。
痒くない=アレルゲンに触れてない、とは考えずに犯人探しをしてみましょう。
 
「香料(Perfume)」としても配合されるユーカリ
 
最近はこれが一番の大敵。成分表には「Perfume」とだけ記載されるので、見ただけでは分からないんです。
 
マウスウォッシュのリステリンを使っていて「(何となく)おや?」と思ってメーカーに問い合わせたら、香料として配合されていたことがありました。。。
「お詫びに他の製品をプレゼントするわ!」と言われたものの、ユーカリが入っていないと断言できる製品は子ども用ハミガキ粉だけと言われ、ありがたく遠慮しました。
 
こうなったら無香料のものを選ぶのが安全そうです。
無香料が難しい製品ジャンルの場合は、やっぱり日本製が安心(ユーカリを使う習慣がまだ薄い)。
 
MAYが遭遇したユーカリ入りの製品

  • 洗濯洗剤(Seventh Generationなど)
  • 食器洗剤(Mrs. Meyersなど)
  • ハンドソープ(Mrs. Meyersなど)
  • ハンドクリーム(Kiehl’sなど)
  • シャンプー
  • マウスウォッシュ(リステリンなど)
  • 入浴剤(Kneippなど)
  • のど飴
  • 風邪薬(ヴィックスヴェポラップなど)

アレルギー対策のポイントはこの2つ

  1. ナチュラル系の製品を選ぶときほど、アレルゲンが含まれていないか注意する
  2. 身に付けたり触れたりするものを切り替える場合は1アイテムずつ
    アレルギー反応が出たときにアレルゲンを特定しやすいようにする。いくつか身の回りのものを新しいものに変えた後にアレルギーが出てしまってアレルギー源が特定できない場合には、アレルギーが出る前に使っていたものに全て戻す。「アレルギーに効くらしい」といろいろなものに手を出すと、かえってアレルゲン探しが複雑になるからご注意を。
  3. アレルギー反応が出たら、出ている場所をよーく観察 
    身体全体なのか、衣服が擦れる場所なのか、指でよく触る場所なのか? 顔や手は皮膚が丈夫なのか、なかなかアレルギー反応が出ません。顔や手が痒くないからと言ってアレルゲンに触れていない訳ではないことも覚えておきましょう。
    → 食器洗剤:指で触れた場所および肛門が痒くなる
    → 洗濯洗剤:衣類(特に下着)が擦れる場所が痒くなる

とにかく、アレルギーテストを受けたことがない人は、一度受けてみることをオススメします!

ちなみに、私の場合は、1回目のユーカリ事件の際、アレルゲンが特定されるまでに8カ月、皮膚が元通りになるまでにそこから10カ月と、アレルギー反応が出てから治るまで計1年半かかりました。2回目の今回は、真っ先にユーカリ探しをしたものの見逃し、「ユーカリが原因じゃないかも?」「今までは大丈夫だった製品でも、別のアレルゲンのバケツが一杯になっちゃったのかも??」「ストレスかも〜???」と右往左往、疑心暗鬼になって5カ月が経過。結局、原因はやっぱりユーカリ。体ってすごく素直でシンプルなのだなと再認識したのでした。

Tags

About the author

MAY

1999年より東京で、主にWebプロデュースに従事しつつ、オンラインショップの立ち上げ・運営などファッション系のプロジェクトにも参画。2011年より、長年の夢であった海外生活をすべくロサンゼルスに移住。
現在は現地のWebビジネス運営に関わりつつ、他媒体への執筆やアパレル買い付けのアテンドなども行う。

西海岸っ子たちの、自然体のユルさ、健康的な美しさ、自然(Nature)と遊び上手なところ、街や自然への愛情、、、は見ていて本当に羨ましくなります。"有機"ではなく本来の意味での"オーガニック"ライフだなぁと思います。『West Coaster』を通してそんな彼らの生活を紹介し、読者のみなさんに少しでもオーガニックな生活を楽しんでいただけたら嬉しいです。

趣味:街散策、キャンプ、国立公園巡り、LA/CAメイドのブランドを発掘すること