ホリスティック美容にちょっとだけ触れてみた

ホリスティック美容って?

先日、「ハワイ式 癌やアレルギーにならない ホリスティック美容法」というセミナーに参加してきました。

講師は、ハワイでホリスティックなスパ Green Spa Hawaiiを経営したり、オーガニックコスメ KAHALA organicsの製造販売をされている、イゲット千恵子さんという方。『CREA』や『FIGARO』、『BRUTUS』のような有名雑誌にも取り上げられているので、ご存知の方も多いかも。

さて本題に。

まだまだ耳慣れない「ホリスティック美容」。
私なりの解釈で簡単に説明すると、「肌の好調・不調は、肌への外的な影響だけに起因しているわけではなく、睡眠や食べ物などの生活習慣、さらにはストレスや内臓の状態など、身体全体とつながっている」という考え方。

シミやニキビだけでなく、アレルギー性皮膚炎やアトピー、ガンなどの病気は、食べ物や毎日肌に塗るクリームなど、長年の生活習慣全てが原因になり得るそう。そうやって、「健康も美容も毎日の全てとつながっている」ことを意識すると、すぐにでも見直すべきものがあると感じたので、早速みなさんにもご紹介します。

ガンになりやすい職種とは?

昨今、一番ガンにかかりやすい業種の一つが、美容業界なのだとか。ネイリストさんや美容師さんなどは、パーマ液やカラーリング剤、除光液などに長年触れ、吸い込んでしまっていますからね。ガンにならないまでも、アレルギーやアトピーで悩んでいる人が多いようです。

ちなみに、「出産は最高のデトックス」という言葉があるそうで(初めて聞いた!)、美容業界の人の子どもにはアレルギーやアトピーを持つ子が多いとか。セミナー参加者にも「長年ネイリストをしていて、出産したら自分の体の調子は良くなったけれど、子どもがアトピーになった」という方がいました。

口からだけじゃない!
皮膚・粘膜から吸収してしまう毒にも注意!!!

皮膚や粘膜から吸収する毒のことを「経皮毒」と言います。口から摂取した毒の90%は排便・排尿によって外に出されるのに対し、経皮毒は90%が体内に残り、しかもそれらは女性の場合、子宮に蓄積されてしまうそう。これは恐いですね。

さらに衝撃だったのは、経皮毒が吸収されやすい体の部位の話。アレルギーのパッチテストなどで使われる二の腕にステロイド系の抗炎症剤「ヒドロコルチゾン」塗った時の吸収率を「1」とした場合、それ以外の体の部位がどのくらい吸収するかというと…

頭: 3.5倍
額: 6倍
あご: 13倍
脇の下: 3.6倍
背中: 1.7倍
手のひら: 0.83倍
外陰部: 42倍
かかと: 0.14倍

外陰部って…。女性は今すぐ、生理用品を見直すべし!

最近アメリカでは「コットンのナプキン」「オーガニックコットンのタンポン」をよく見かけるようになりました。でも、素材面だけでなく衛生面を考えると、そもそもタンポンは避けたいところ。
※タンポンが原因で「トキシック・ショック症候群」になり、脚を切断したカリフォルニア在住のモデル、ローレン・ワッサーの話、聞いたことありませんか?2015年頃、彼女の記事がFacebookでよくShareされてました。

日本では布ナプキン派の人たちも増えていますよね。環境的にも、衛生的にもよく、また身体が冷えにくくなるとも言われています。
毎月使うものでもあり、子宮に近い部分でもあるので、すぐにでも改善したいところです。

ちなみにアメリカでは男性の乳がんが増えていて、その原因の一つが制汗剤だとか。こちらの男性ってデオドラントバーを塗りまくるんです。一般的なデオドラントバーにはアルミニウム(高い制汗&消臭作用がある)が含まれていることが多く、それが脇から吸収されて乳がんの原因になるのだそうです。それを聞くと、制汗・消臭効果は多少弱くてもアルミニウムフリーなデオドラントバーの方がいいんでは?と思いました。制汗剤+α(例:食べ物によっても体臭は変わる)でケアしていけばいいわけですから。

毒を入れない&毒を出す(デトックス)

そもそも、毒を体に入れないようにするために、何を気をつけたらよいのでしょうか?
いろいろ教えていただきましたので、普段私が取り入れている方法も一緒にいくつかご紹介しますね。

①口に入れるものはオーガニックを選ぶ!

とは言え、オーガニック製品は価格が高めですし、全食材をオーガニックで揃えるのは難しい(特に日本では)。
そこでまずは、
・生で食べるものはオーガニックを選ぶ
・野菜や果物は専用の洗剤で洗う
・皮をむく(ものによっては厚めにむく)
ようにしてみてはいかがでしょうか?

Trader Joe's Fruit and Vegetable Wash

Trader Joe’sの「Fruit and Vegetable Wash」。水で希釈して野菜をワシャワシャ洗ったり、果物を30秒くらい浸けてから洗ったり

②肌につけるものはオーガニックを選ぶ!

こちらも、すぐに全てをオーガニック製品に変えるのは大変。
少しずつ切り替えていきましょう。
例えば、化粧品は必ず成分表を見る癖を付けるとよいそうです。
成分表には材料が含有量の多い順に記載されていて、ケミカルなものは大抵下の方に。下から順に見ていき、3つ以上気になる成分が入っていたら別のものを選びましょう。
ただし、「西海岸&日本のおすすめオーガニックコスメブランド」のページでも書きましたが、自然成分にアレルギーを持つ人もいるので、「オーガニックだから誰の肌にも合う」とは限りませんのでご注意を。
(ちなみに私は、洗濯洗剤をエコ系にした途端、ユーカリアレルギーが出ました。。。)
一気に全てを変えるのではなく、1つずつ試し、何か不調が出たらすぐに原因が思い当たる状態にしておくとよいと思います。

そうそう、千恵子さん曰く、
まつ毛を伸ばす美容液ってステロイドの副作用(毛が生える・伸びる)を利用して開発されたのだとか。
最近ではナチュラルな商品もあるそうなので、愛用者の方は要チェックです。

③入ってしまったものは出す!(デトックス)

デトックスには、以下が効果的です。

・水分をとる
・デトックス効果のあるハーブティーを飲む
・排便を促す(便秘は万病の元)
・断食をする

1日2リットルの水分をとると良いとよく言われてます。
いつも水を持ち歩いたり、午前中はコーヒーの代わりにデトックスティーを飲むようにするなど、ちょっとしたことからで良いと思います。だって、これが毎日続くんですよ。365日続いて、さらに毎年続いていくわけです。毎日の習慣は早く改善したもん勝ちです。

そして便秘。水分をとったり、ヨーグルトを食べたり。友人はサボテンが効果大だと言っていました。ちなみに私の便秘解消の最終手段はスタバのカフェラテを飲むこと(カフェインは便秘に効果的だそう。さらにスタバのミルクに私の腸は弱いようで、一撃です。苦笑)。

そしてそして断食。日本でもジュースクレンズが流行りつつありますね。断食で免疫力アップ、腸がキレイになることで美肌になる、など気になる効果が盛りだくさんなので、これはまた別の機会に『West Coaster』でもじっくり取り上げたいと思っています。

KAHARA organics, Kahara Fruit Tea

千恵子さんのオリジナルブランド KAHARA organicsの「Kahara Fruit Tea」はデトックス効果もあるそう。ハイビスカスやドライフルーツが入って美味しいです。ハワイらしいパッケージに入っているので、お土産にもオススメ

いかがでしたか?
みなさんの生活改善の参考になればうれしいです。

◉参考:
「ハワイ式 癌やアレルギーにならない ホリスティック美容法」セミナー
2016年3月13日 ロサンゼルス
講師:イゲット千恵子さん
ブログ:http://ameblo.jp/beautifulhawaii/

About the author

MAY

1999年より東京で、主にWebプロデュースに従事しつつ、オンラインショップの立ち上げ・運営などファッション系のプロジェクトにも参画。2011年より、長年の夢であった海外生活をすべくロサンゼルスに移住。
現在は現地のWebビジネス運営に関わりつつ、他媒体への執筆やアパレル買い付けのアテンドなども行う。

西海岸っ子たちの、自然体のユルさ、健康的な美しさ、自然(Nature)と遊び上手なところ、街や自然への愛情、、、は見ていて本当に羨ましくなります。"有機"ではなく本来の意味での"オーガニック"ライフだなぁと思います。『West Coaster』を通してそんな彼らの生活を紹介し、読者のみなさんに少しでもオーガニックな生活を楽しんでいただけたら嬉しいです。

趣味:街散策、キャンプ、国立公園巡り、LA/CAメイドのブランドを発掘すること