西海岸をリアルに感じるこの1曲!④「Today is the Day」 by Yo La Tengo

こんにちは。Tottiです!

独断と偏見に満ちた西海岸な1曲、
今回はYo La Tengoの「Today is the Day」。

Yo La Tengoは1984年にニュージャージー州で結成された
ベテランのいわゆるオルタナバンドですね。

Ira Kaplan(ボーカル/ギター)、Georgia Hubley(ボーカル/ドラム)、
James McNew(ボーカル/ベース)という編成なんですが、
曲によって女性ボーカルだったり男性ボーカルだったりするところが
個人的にかなり好みです(Georgiaが女性で、Iraとは夫婦の関係)。
単純に表現の幅が広がるってのはもちろんなんですが、
男性と女性、両方の立場とか気持ちが
一つのバンドで見えるのって何かいいんですよね〜。

あまりゴチャゴチャは言いませんが、
このユルさ、シンプルなギターリフ、サーフミュージック感、浮遊感は
まさにWest Coastな雰囲気。いや〜いいですね〜。
カリフォルニアはもちろんですが、
日本でも海辺をドライブしながら聴いたら気持ちいいと思います。
(West Coasterを見ながらも聴いてください!)


▼ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします!  にほんブログ村 海外生活ブログへ 

About the author

Totti

LA在住歴4年、フリーランスの編集者&ライター。四十路日本男児。日本では書籍や雑誌、Webメディアの編集および執筆、広告制作などに従事。
元夜遊び大好き酒大好き全てのジャンクフード大好きの、超不健康児。しかし、LAに移住してから西海岸独自のオーガニック&ベジタリアン&地産地消な健康食カルチャーに目覚め、大好きだったタバコもやめ、毎日コールドプレスジュースやスムージーを作って飲むようになるなど、自分でもビックリするくらい生活スタイルが変わりました。
『West Coaster』では主観もガンガンに入れつつ、皆さんにとって新鮮で人生のちょっとしたスパイスになるような西海岸の情報をお届けできればと思っています。ぜひ楽しんでください。