「ローズボウルフリーマーケット」をフォトレポ!

ローズボウル(ローズボール)のフリーマーケットをご存知ですか?ロサンゼルスの北、パサデナにあるローズボウル(NFLやカレッジフットボールの試合が行われることで有名なスタジアム)で毎月第2日曜日に開催される同フリーマーケットは、毎回2,500以上の業者が出店し、そこに2万人以上の人が訪れるという、全米でも最大規模のフリーマーケットです。ちなみに正確に言うと、会場はスタジアム内ではなくスタジアムの周辺や駐車場になります。

扱われている商品は古着やアンティーク家具、アクセサリー、絵画や彫刻などのアート作品、食器、雑貨、家庭用品など本当にさまざまですが、基本的にはフリーマーケットなだけに、ユーズドなものになります(新品を売っているブースもありますが)。

入場料が必要なのですが、入る時間帯によって料金が違います。午前9時以降のレギュラーチケットは8ドルで、12歳以下の子どもは無料。午前8時〜9時のちょっと早い時間帯は10ドル、午前7時〜8時の入場だと15ドル、さらに早い午前5時〜7時の入場だと20ドルになります。貴重な品々も多数出展されるフリーマーケットなので、プロのバイヤーや本気で欲しいモノがある人などは、少々高い入場料を払ってでも早く入りたいということですね。

とにかく、今あるものをできるだけ長く使うというのは地球に優しく、『West Coaster』的にも押していきたい考え!ということで、今回はこのローズボウルフリーマーケットの様子を、フォトレポートします。

雰囲気&お店編

ローズボウルの外観

ローズボウルの外観。大きなスタジアムの周りに所狭しとブースが並びます© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの店:ヤレた感じのかっこいい文字看板を売るお店

ヤレた感じのかっこいい文字看板を売るお店© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの店:オリジナルのオブジェを扱うお店

オリジナルのオブジェを扱うお店。見ているおばあちゃんが何気にファンキー。この人が自分のおばあちゃんだったら、人生ちょっと違ったかも!?(笑)© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの店:ちょっとした雑貨もディスプレイの仕方でこんなにかわいく

ちょっとしたアンティーク雑貨もディスプレイの仕方でこんなにかわいく© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの店:ディスプレイがかわいかったアクセサリー

同じくディスプレイが秀逸だったアクセサリー屋さん© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの店:アンティーク家具を扱うお店

個性的なアンティーク家具のお店がたくさん。背後にあるのはスタジアムです© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルのお店:古本屋さん

古本屋さん© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの店:ガラクタを売っているお店

一見何に使うの?というものもたくさん売っていますが、そこはアイデア次第でしょう© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの店:ユーズドのシューズのお店

ユーズドのシューズのお店。気に入ったデザインでサイズが合えば、めちゃハッピー© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの店:いかにもキャリフォーニャな雰囲気と後ろのヤシの木がグッド

古いキャンピングカー、カラフルな古着、そして背後のパームツリーが、完全にキャリフォーニャ© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの店:ビンテージのバッジ

ビンテージのバッジ。洋服やカバンに付けてもいいし、おみやげにも良さそう!© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの店:古いオルガン

古いオルガン。音はちゃんと出るんだろうか…でもほしい!© Shigeyoshi Takebe

さてさて、最後にオルガンなんて出てきましたが、どうやって持って帰るの?というと、もちろんアメリカですから、愛車のピックアップトラックで会場まで来てゲットしたものを持って帰る人は多いです。ただ、日本からの旅行者の方々だと、日本人向けの日本語による宅配サービスが会場にありますから(2016年4月時点)、そういったところを利用するのもアリでしょう。

ちなみに、会場内ではみんなこんな感じで運んでいます。

ローズボウルの雰囲気:荷物を運ぶ男性

男らしく手でつかんで運んだり…(キャー!ワイルド!)© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの雰囲気:荷物を運ぶ人

こんなカートに買ったモノを入れて運ぶ人も多し© Shigeyoshi Takebe

スナップ編

ローズボウルの人:髭にメガネの白人男性

白人男の髭にメガネにベースボールキャップは無敵です© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの人:高橋商店

つい最近日本に旅行に行ってきたばかりという彼。高橋商店の意味は知らずに着ていたので、教えてあげました(笑)© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの人:ヴィンテージの食器を扱うお店の男性

ヴィンテージの食器を扱うお店。人気のファイヤーキングなどは、主に日本人のバイヤーたちが朝一に来てあっという間に買い占めていってしまうらしいのですが、この日はまだいくつか残っていました© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの人:サングラスの女性

かわいい!なんてことないカッコなのにオシャレ© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの人:熟年カップル

たぶんご夫婦なユル〜い雰囲気の二人© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの人:古着屋の店員さん

古着屋の店員さん。LA地元の新聞、『Los Angeles Times』のエプロンが似合ってます© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの人:ベストを着た男性

古書やら味あり雑貨やらを扱うお店のご主人。アメリカのおじいちゃんおばあちゃんの家に来たようなディスプレイの店構えも素敵でした© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの人:ヴィンテージの木箱を売ってる男性

ヴィンテージの木箱やらツールボックスやらスーツケースやらを売るお店のオーナー© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの人:かわいい

本日のベストカップルに勝手に認定!の爽やかな二人© Shigeyoshi Takebe

ローズボウルの人:アメリカンな雰囲気のお店のオヤジさん

アメリカンな雰囲気のお店に佇むアメリカンなオヤジさん© Shigeyoshi Takebe

…てな感じのローズボウルフリーマーケットでした。古着だけでなくさまざまな日用品が売られていることもあり、アメリカン・ビンテージの祭典「INSPIRATION」のようなオシャレさん大集合みたいな雰囲気ではないですが、本当にリアルな西海岸のユルい週末を味わえるイベントです。日本に住むみなさんも、西海岸在住のみなさんも、行ったことない人はぜひ一度は行ってみてください。

◎ ローズボウル(ローズボール)フリーマーケット / Rose Bowl Flea Market

・住所:Rose Bowl (1001 Rose Bowl Dr, Pasadena, CA 91103)
・開催:毎月第2日曜日
・入場料:5-7時の入場 20ドル / 7-8時の入場 15ドル / 8-9時の入場 12ドル / 9時以降の入場 9ドル ※いずれの時間帯も12歳以下の子供は入場無料
・駐車場:無料
※2017年2月時点

◉引用元:

  • The Rose Bowl Flea Market

  • ▼ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします!  にほんブログ村 海外生活ブログへ