アイスクリームミュージアムってば、絶好調すぎて延長するんだって!

アイスクリームミュージアム(Museum of Ice Cream)行ってみました?
そう、ピンク・ピンク・ピンク!!!なLAの新名所です。

ラーメン博物館のアイスクリーム版?

行列
2017年に突如、ロサンゼルスのダウンタウンに出現したピンクの建物。「アイスクリームミュージアム」とやらができるらしい。地元メディアにこぞって取り上げられ、それによると入場料はなんと29ドル!ミュージアムにしちゃ高すぎませんかね。。。
 
近年、ロサンゼルスは新しいミュージアムが続々登場していて、あっちでもこっちでもミュージアムのオープンが話題。そんな中、このアイスクリームミュージアムの噂は特別だった。だって、「アイスクリームの美術館? どういうこと?たくさん食べれるの? それともアート展示系? 一体どういうことなの??? ってか、入場料29 ドルって高くない???」って感じで。

若干25歳のクリエイターが仕掛け人

Maryellis Bunnさんオープン後には、そのインスタ映えする展示や企画であっという間に大人気になり、29ドルという入場料にも拘らず、チケットはあっという間に完売。そして期間延長が決定。このミュージアムのすごいところは、入場料の高さでも、インスタのフォロワー数の多さでもなく、「仕掛け人が若干25歳のクリエイター(カリフォルニア州のラグナビーチ出身の女性、Maryellis Bunnさん)」てところ。
やるなぁ。

インスタ映えしすぎるミュージアム

なぜこのミュージアムがここまで人気になったかというと、インスタジェニックだったことが1番の要因でしょう。そしてそれは企画側の狙い通りだったはず。インスタ映えする → みんな行ってみたくなる → インスタに投稿する → さらに話題になる、ってことで、広告費をかけず勝手に人が来てくれる。

今や、レストランやカフェだけでなく、美術館も「インスタ映えするかどうか」ってのはプロモーション戦略に欠かせないファクターですね。
 
外観はもちろんピンク。スタッフも全員ピンク。
外観
 
こういうアイスにちなんだ部屋もあるけど
でかいアイスの部屋
 
全くアイスと関係のないコーナーも(でもキレイ)
黄色とピンクのバナナ
 
一番人気はこちらのプール。大量のカラースプレー(型のプラスティック)が入っていて、人数制限&時間制限しながら入れてくれる。「携帯とかカギとか、絶対落とさないでね!見つからないから!!!」ということで、脇のロッカーに靴や荷物を入れておくシステム。
プール
 
やりたいよね〜、これ!
プールに飛び込むGirl
 
アイスクリームミュージアムでは途中何度かアイスクリームやチョコレートが配られます。で、最後の最後はやっぱりピンクのアイスクリーム!

最後のアイス

シメももちろんアイスクリーム

サンフランシスコ、マイアミでも大成功!
そしてロサンゼルスは新ロケーションに移って再開予定らしいよ!

当初、ロサンゼルスでの展示は2017年5月末までだったらしいけど、あまりに人気で延長し、さらに完売。11月にはサンフランシスコが、12月にはマイアミにもオープンし、こちらも大成功!2018年3月現在、ロサンゼルスは新しいロケーションに移動中とのこと。「次こそはぜひ!」と考えている人は今のうちにニュースレターに登録しておこう!
https://www.museumoficecream.com/los-angeles/

基本情報
Webサイト:https://www.museumoficecream.com/#home-section
開催都市:ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、マイアミ ※既に終了している都市もあり
料金:都市により異なる
公式IG:https://www.instagram.com/museumoficecream/


▼ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします!  にほんブログ村 海外生活ブログへ 

About the author

MAY

1999年より東京で、主にWebプロデュースに従事しつつ、オンラインショップの立ち上げ・運営などファッション系のプロジェクトにも参画。2011年より、長年の夢であった海外生活をすべくロサンゼルスに移住。
現在は現地のWebビジネス運営に関わりつつ、他媒体への執筆やアパレル買い付けのアテンドなども行う。

西海岸っ子たちの、自然体のユルさ、健康的な美しさ、自然(Nature)と遊び上手なところ、街や自然への愛情、、、は見ていて本当に羨ましくなります。"有機"ではなく本来の意味での"オーガニック"ライフだなぁと思います。『West Coaster』を通してそんな彼らの生活を紹介し、読者のみなさんに少しでもオーガニックな生活を楽しんでいただけたら嬉しいです。

趣味:街散策、キャンプ、国立公園巡り、LA/CAメイドのブランドを発掘すること